パーソン・オブ・インタレスト

img_spheaderついに終わってしまった

米国ドラマはいくつもはまったけど、最後まで続いて見たのはこのドラマだけ
ロスト」は途中で飽きた
スーパーナチュラル」や「グリム」も見続けているけどまだ終わっていません

パーソン・オブ・インタレスト」は海外ドラマ専門チャンネル「AXN」でやっていた米国CBSテレビドラマで、製作総指揮はスターウォーズやスタートレックの監督や脚本をしているJ・J・エイブラムス

邦題は『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット
シーズン5の13話で完結

視聴率も落ちたし、J・J・エイブラムスが多忙のため正直打ち切りなんだけど、最後まで放送して取りあえずは完結してくれた
まー無理やり終わらせた感はあるけど、中途半端で終わる米国ドラマが多い中よく頑張ってくれた

ストーリーはプログラマーとハッカーの顔を持つ天才と元CAIが、政府が関与しない犯罪を予知して人々を助けるという単純な話なんだけど、その予知するシステム人工知能(AI)を作ったのが主人公の天才プログラマー!

人工知能にはあえて名をつけなくて(理由がある)「マシン」と呼ばれているんだけど、作った本人もマシンの存在がどこにあるのか知らないという流れ。(本当に知らない!)
シーズン4の最後にどこに潜んでいたか分かったけどね。

米国ドラマの特徴は視聴率によって次のシリーズにいくか、もしくは打ち切りかなんだけど、シリーズ化していくとどんどんストーリーが奇抜になってくる

この「パーソン・オブ・インタレスト」もそうなんだけど、シーズン3から第2のAI「サマリタン」との戦いになってくるんだよね。

この「サマリタン」はマシンと違って全ての情報を監視し、必要としない人物はすべて排除して、世界を意のままに操ろうとする人工知能!

全ての事でマシンの上をいっているAI。
マシンも破壊されそうになってしまったし。
戦うシュミレーションをしても一度も勝てなかった
最後はウイルスによって逃げ場をなくした「サマリタン」がソ連の人工衛星に逃げて、それを一度も勝てた事のないマシンが追いかけて・・・終わっちゃた
死というものを自身で学んだマシンはもしかしてサマリタンを超えたのかな?

今まで5年かけて見続けてきたけど、終わってしまったら寂しい

スーパーナチュラル」はシーズン12でまだ続いているし、「グリム」はシーズン6で完結する事が決まった

今まで色んな米国ドラマにはまってきたけど、途中終了でいつもフラストレーションがたまってしまう

パーソン・オブ・インタレスト」はそんドラマの中でも唯一完結したし、面白いのでお勧めです

でも最終話の最後は何か色々謎めいているので、もしかしたら制作サイドが変わったり、スピンオフ作品として作られる可能性があるのかな?

っていうのが米国ドラマの定番だけど


パーソン・オブ・インタレスト” への1件のコメント

  1. 終わりましたね。死ぬときは誰でも一人。でも。。。ということを学んだマシーン。最終シリーズの前のシリーズの最終話でピンク・フロイドの『Weocome to the machine』がかかったのは印象的だったな。最後まで一気に見てしまいました。ジョンにフィンチが最後に交わす言葉も感動的だし。とてもいいドラマでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です